インプラント費用 – 料金相場/医療費控除/ローン・クレジットなど分割払い

インプラント費用、医療費控除

インプラントは自由診療なので歯科医院によって価格設定は違います。安いから危険、高いから安全という単純な話ではないため、費用だけでなく、治療環境や医師のインプラントに関する知識・技術などを確認したうえで、歯科医院を決めることが大切です。

インプラント費用、医療費控除

インプラントは自由診療なので歯科医院によって価格設定は違います。安いから危険、高いから安全という単純な話ではないため、費用だけでなく、治療環境や医師のインプラントに関する知識・技術などを確認したうえで、歯科医院を決めることが大切です。

インプラントの料金相場と
歯科医院で費用が違う理由

インプラントの相場は、1本30万円などと言われていることが多いと思います。しかし、地域によって違いがあり、首都圏の方が費用は高い傾向があるとされています。

インプラントの費用は歯医者によって違いますが、この違いは次のようなことから生じていると言えるでしょう。また、患者様の口の中の状態や治療への希望などによって、費用が異なってくる場合があります。

  • 使用するインプラント(メーカー)の違い
  • 医院の設備・衛生管理などの違い
  • 追加治療の有無による違い
  • 使用する麻酔の違い
  • 保障の違い

など

インプラントの料金相場と歯科医院で費用が違う理由

インプラントメーカーの違い

インプラント(人工歯根)のメーカーは多数あります。信頼できるメーカーもあれば、実績がなく信頼性の不明なメーカーがあるのも事実です。
信頼度の高いインプラントメーカーのものを使用すれば、素材自体の価格が高いため、治療費も高くなってしまいます。

インプラントメーカーの違い

追加治療の有無とは

より安全にインプラント治療を行うために、骨量を増やす治療が必要になる場合もあります。抜歯してから期間が経過している場合は、骨吸収が進んでいる可能性が高いです。また、前歯部分の顎骨は骨吸収が進みやすいため、前歯のインプラント治療は骨移植を併用するケースが多いです。

追加治療の有無とは

当院の
インプラント治療費用

たかた歯科医院のインプラント治療費用は、CT撮影などを含める検査・診断費用、インプラント本体と手術費用からなっています。治療箇所の骨量が少なく、骨を増やす治療が必要な場合は、インプラント手術費用がその分高くなります。

また、外科的処置への不安感が強い方は、別途鎮静法もご希望いただけます。

インプラントの治療費

インプラント費用に関するよくある質問

こちらではインプラントの費用に関する質問で、特に多いものを紹介していきます。インプラントの費用は、歯科医院によって違いますし、個人差もあります。
自分の場合はどうなのか、カウンセリングの際に納得いくまで確認することも大切です。

インプラントの費用を分割で支払うことはできますか?

インプラントの費用は分割で支払うことが可能です。当院では、各種カード・ローンの取り扱いがありますので、無理のない支払方法を選択できると思います。

インプラントは医療費控除の対象となりますか?

インプラントは医療費控除の対象です。そのため、申請することによって医療費の一部が還付金として戻ってきます。
医療費控除の申請を行う際には、支払った医療費の領収書が必要となりますので、大切に保管してください。

医療費控除の対象

医療費控除の対象

インプラントの費用だけでなく、その年に支払った医療費が対象となります。また、本人だけでなく、配偶者や親族の医療費も対象となります。(その年の1月1日~12月31日に支払った医療費が対象となります)

医療費控除の対象

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額

10万円を超えた金額が医療費控除の対象となります。ただし、総所得が200万円以下の場合は、総所得の5%を超えた金額が対象となります。

医療費控除の対象となる金額
Instagram
WEB予約 page top