【歯周病治療】発症する原因と進行度別治療/糖尿病など全身疾患への影響

  • 当院へのアクセス
  • 0942-45-6666

MENU

歯周病治療

国民の8割が罹患する「歯周病」の原因・治療・進行度別症状と全身への影響

歯ブラシとデンタルミラー

歯周病とは、歯を支える歯ぐきに炎症が起きる病気で、日本人の80%以上が感染していると言われる生活習慣病です。
歯周病は歯ぐきに炎症を起こすだけでなく、歯を支える骨にまでダメージを与えるため、進行すると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。しかし、初期段階では痛みなど自覚症状がないため、気をつけなければなりません。

歯周病は初期段階である「歯肉炎」の段階で治療を行えば、完治することも可能です。しかし、この段階で治療を開始できるケースは少なく、受診する段階では悪化してしまっているケースが多いのが現状です。
そのため、歯周病についての知識を身に付けて初期段階で気付く・治療を開始することが大切ですし、定期検診(予防歯科)を受けることをお勧めしています。

歯周病が与える影響

歯周病は歯を失う恐ろしい病気ですが、口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。さまざまな部位に影響し、次のような疾患を引き起こします(悪化させます)。命に関わる病気にも影響するため、口の中の健康だけでなく全身の健康のためにも、歯周病の適切な予防・早期治療が大切になります。

肺炎(誤嚥性肺炎)

歯周病菌が肺に悪影響を及ぼすと、肺炎を引き起こす可能性があります。特に、高齢になると食べたものを飲み込む機能や咳をする機能が低下するため、食べたものが気管に入りやすくなってしまいます。そのため、口の中の細菌(歯周病菌)も一緒に気管に入り、肺炎を起こしてしまうのです。

動脈硬化・冠動脈疾患

歯周病菌が作り出す毒素が血管に入ると、動脈硬化や冠動脈疾患が起こりやすくなります。歯周病の人は、歯肉が健康な人と比較すると、心血管病にかかる可能性が2倍になるとも言われているのです。
また、歯周病の炎症が動脈硬化を進行させるとも言われていますし、歯周病菌の影響で血小板が固まりやすくなり、血管を詰まらせるという報告もあります。

感染性心内膜炎

歯周病菌が心臓の中に入り込むと、歯周病菌が内膜に付着し、心臓内膜の炎症を引き起こします。歯周病の人は、そうでない人と比較すると心臓内膜に炎症が起きているケースが多く、心筋梗塞が起こるリスクが高いという報告もあります。
心臓の弁に障害がある方や、ペースメーカーをご使用の方は特に注意が必要です。

糖尿病

歯周病菌が作り出す成分が、インシュリンが糖の濃度をコントロールするはたらきを阻害し、糖尿病のリスクを高くします。
また、糖尿病の人は歯周病に罹患しやすく、歯周病は糖尿病の合併症の一つとも言われているほどです。糖尿病と歯周病は互いに悪影響を及ぼすため、歯周病を改善するには適切な血糖コントロールが必要になりますし、糖尿病の改善には適切な歯周病が必要になります。

低体重児出産

妊娠している妊婦さん

歯周病は妊娠にも悪影響を与えるため、妊娠中は歯周病に注意が必要です。低体重児出産のリスクが高くなるのです。
また、妊娠中はつわりなどにより口の中の衛生状態が悪化しやすく、ホルモンバランスの影響で歯肉炎になりやすくなります。妊娠中は口の中の健康管理にも気を付けることが大切です。

歯周病の段階別症状

歯周病は次のように進行していきます。先にも紹介した通り、初期段階である歯肉炎の段階であれば完治も可能です。少しでも早い段階で治療を開始することが大切です。

健康な状態

健康な状態の歯肉は、うすいピンク色です。また、弾力性があって引き締まっています。

歯肉炎(歯周病の初期段階)

歯周病菌が作り出す毒素によって歯肉に炎症が起きている状態です。歯肉は薄いピンクから赤くなり、腫れぼったくなります。また、少しの刺激で出血しやすくなるため、歯磨きの時などに出血するようになります。
この段階ならば、適切なプラークコントロールで症状を改善することができます。

軽度歯周病

細菌が歯と歯茎の間に入り込み、隙間(歯周ポケット)を作ってしまいます。歯周ポケットを通じて、細菌は奥へ奥へと進んでいき、徐々に歯を支える骨を溶かしていきます。

中度歯周病

歯周ポケットがさらに深くなり、炎症が歯を支えている骨にまで達するようになります。歯を支える骨が細菌の作り出す毒素によって溶かされ、歯がグラつくようになってしまいます。
この段階まで進行してしまうと、噛みにくくなる、歯肉から膿が出る、口臭がきつくなるといった症状も現れるようになります。

重度歯周病

歯を支える骨がほとんど溶かされてしまい、歯が大きく動揺するようになります。ひどくなると、少しの刺激で歯が抜け落ちてしまいます。歯ぐきが痩せて歯根が露出する(歯が長く見える)ようになったり、歯肉の色が赤黒くなったりもします。
この段階になると、外科的な治療が必要になる場合もありますし、やむを得ず抜歯しなければならない場合もあります。

歯周病の原因と予防方法

歯科診察台

歯周病の直接的な原因は、プラークの中に存在する細菌です。歯周病菌はプラークの中にいるのです。そのため、歯周病を予防するには、毎日の歯磨きが必要となります。

しかし、毎日のブラッシングで磨き残しなく磨けている人は少ないのが実状です。プラークが固まった歯石や細菌が作り出すバイオフィルムは、歯ブラシで除去するのは困難ですし、効果的な歯周病予防には歯科医院で歯石除去(スケーリング)やクリーニングを受けることが大切でしょう。
また、早期発見のために定期検診を受けることも必要でしょう。

段階別歯周病治療

歯の構造イラスト

歯肉炎や軽度の歯周病の段階での治療は、徹底したプラークコントロールです。セルフケア(歯磨き)に加えて、歯科医院で歯石やバイオフィルムを除去し、口の中の歯周病菌を減らして歯周病が進行するのを防ぎます。適切なプラークコントロールを続けていれば、歯肉の炎症は改善されていきます。(細菌によって溶かされた顎の骨は、プラークコントロールだけでは元に戻りません)。

しかし、歯周病が進行して歯周ポケットが深くなってしまうと、歯周ポケットの奥の汚れは外科的な処置によって除去しなければならなくなります。
歯周病は進行するほど、外科的手術などの負担のかかる治療が必要になってしまうのです。

福岡県久留米市御井旗崎2-24-38パレクレール2F たかた歯科医院 TEL0942-45-6666
診療時間
10:00~13:30
15:00~20:00
15:00~17:00

【診療科目】虫歯治療・予防歯科・歯周病治療・矯正治療・小児歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・噛み合わせ治療

住所 福岡県久留米市御井旗崎2-24-38 パレクレール2F

TEL 0942-45-6666