再生治療 - 歯の再生/親知らずの移植/骨誘導再生法(GBR法)

  • 当院へのアクセス
  • 0942-45-6666

MENU

再生治療

当院の再生治療(歯の再生・移植/骨誘導再生法・GBR)

手術を行う高田浩行院長

医療の世界では、さまざま再生治療が行われています。歯科医療でも、さまざまな再生治療の研究が進んでいますが、福岡県久留米市にあります当院では、次に紹介する歯の再生治療・歯を支える骨(歯槽骨)の再生治療を行っています。

歯の再生治療

インプラントのイラスト

歯を失っても、インプラントによって天然歯のような歯を取り戻すことが可能になっています。
しかし、病気になった歯を一度取り出し、口の中でなく外部でしっかり治療を行って、健康な状態で口の中に戻すということが可能です。

再生治療の流れ

  1. 悪くなった歯を一度抜きます。
  2. 抜いた歯を外部で治療します。
  3. 治療した歯を、再度抜いた場所に戻し、歯を再生させ、しっかりと固定します。

歯を失った箇所への親知らずの移植

歯を失った時の治療方法には、インプラントという方法もありますが、親知らずを移植するという方法もあります。
インプラント治療も優れた治療法なのですが、当院はできるだけ自分の歯で暮らすことが大切であり、インプラントは最終手段であるべきだと考えています。歯を失った場合の治療方法として、再生治療もございます。患者様一人一人で再生過程は異なってきますので、お気軽にご相談ください。

骨の再生治療(GBR)

骨の再生治療

GBR法とは、骨誘導再生法とも呼ばれる骨の再生治療の方法であり、インプラントを埋入するのに十分な骨量がない場合などに行います。

骨の吸収が進んで厚みが不足している箇所に、骨補填剤や細かく粉砕した自家骨を入れ、メンブレンという人工の膜で覆い、骨を再生させます。

GBRによってインプラントの成功率が高まります

骨量が不足している箇所へのインプラント埋入は、成功率がとても低くなってしまいます。しかし、骨再生治療を行うことによって、成功率を高め、インプラントが長期的な安定が可能になります。

また、GBRは、インプラントを埋入する前に行う場合と、インプラント埋入時に行う場合(インプラント埋入とGBR法を同時に行う)があります。

骨の再生治療(GBR)の流れ

  1. 骨幅が不足しているなど、骨量が足りていない箇所の骨面に、骨を再生させるためのスペースを作ります。
  2. 骨再生のためのスペースに、粉砕した自家骨や骨補填剤などを入れます。
  3. メンブレン(人口膜)で覆い、その上に歯肉を被せ縫合します。

GBR法はこのような患者様におすすめしています

GBR法は、インプラントを埋め込むのに十分な骨量がない患者様、歯を失ってから期間が長く経過していて骨吸収が進んでいる患者様、歯周病によって骨吸収が進んでしまっている患者様など、におすすめしています。

福岡県久留米市御井旗崎2-24-38パレクレール2F たかた歯科医院 TEL0942-45-6666
診療時間
10:00~13:30
15:00~20:00
15:00~17:00

【診療科目】虫歯治療・予防歯科・歯周病治療・矯正治療・小児歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・噛み合わせ治療

住所 福岡県久留米市御井旗崎2-24-38 パレクレール2F

TEL 0942-45-6666