インプラントリスク/知っておくべき6つの危険

  • 当院へのアクセス
  • 0942-45-6666

MENU

インプラントリスク

インプラントのリスク

インプラントの模型

インプラントには、入れ歯と違い自分の歯のような自然な感じで噛むことでき、ブリッジにように隣り合った健康な歯を削る必要がないといった長所があります。ただし、どんな歯科治療にも良い点があれば、悪い点もあるものです。そのため、インプラントの治療を始める前には、どのようなリスク(危険性)があるのかを患者様に知っていただく必要があります。

1.歯周病菌への感染

歯を痛そうにおさえる女性

インプラントの歯周病菌への感染でよく知られているのが「インプラント周囲炎」です。毎日の歯磨きが不十分だったり、手術後にメンテナンスを受けていないと、歯垢や歯石が溜まってインプラントや周囲の粘膜で炎症を起こします。さらに、進行するとインプラントを支える顎の骨が溶けてしまうことから、しっかりとした予防が必要です。

ただし、歯周病はインプラントにだけ起こるというわけではありません。ブリッジや義歯などのインプラント以外の治療法でも、口内の清掃が不十分だと歯周病菌には感染するのです。そのため、どのような歯科治療であれ、まずは歯科医院で歯周病の検査を受け、PMTCでお口の中を清潔に保つことが必要です。

2.骨の厚みや高さの不足

しっかりと固定されているはずのインプラントが抜け落ちてしまったり、骨を突き抜けてしまった、という症例を耳にされたことがありませんか?実はこれらの事例が起こる原因は、骨密度や骨量の不足にあります。骨の状態をしっかり把握せずに手術をしたことで、このようなトラブルが起きるのです。それでは、骨の状態は切開してみないと分からないのでしょうか?必ずしもそうではありません。

レントゲン検査でも骨粗しょう化を確認できるほか、現在では歯科用CTで撮影された3次元の画像によって、骨密度や骨の高さ・厚みが正確に分かるのです。そのため、レントゲンやCTで撮影した画像をもとに正しく診断することで、インプラントのトラブルを事前に防ぐことができます。

3.見た目の問題が起こる

インプラントの長所といえば、見た目の美しさの「審美性」が挙げられますが、残念なことにせっかく埋入したインプラントの審美性に問題が生じることがあります。特に、他の部分に比べて人目につきやすい前歯のインプラントは見た目の問題が起こりやすいといえます。

歯が抜けて外的刺激を受けなくなると、その部分の骨は痩せていきます。インプラントを埋入後も、少しずつですが骨の量が減り、それに伴い歯肉も退縮することから、周囲の歯よりもインプラントの歯が長く見えてしまうことがあります。また、インプラント部分の歯肉が薄いと、金属の歯根部分が透けて見えることで黒っぽく見えてしまいます。

4.金属アレルギー

歯科治療の照明

「金属アレルギーだからインプラントができない」という声を聞くことがあります。確かにインプラント治療では、骨に埋入するインプラント体(人工歯根)のほとんどが「チタン」という金属でできています。ところが金属には、チタンをはじめとする金・銀・プラチナなどのアレルギーが起こりやすい金属と、ニッケル・コバルト・クロム・パラジウムなどのアレルギーが起こりにくい金属があるのです。

金属アレルギーは、金属が汗などに触れて溶け出してイオン化することで、体内に取り込まれてアレルゲンとなります。それに対して、チタンや金・銀・プラチナなどの金属はイオン溶出がないためかゆみやかぶれなどのアレルギー反応がほとんど起こりません。インプラントを検討されている患者様で、どうしてもチタンによるアレルギーが気になるという方は、事前にパッチテストでアレルギーの有無が分かります。

5.インプラントと骨がうまく結合しない

インプラントがまるで自分の歯のような感覚で噛むことができるのは、単にインプラントが骨に埋め込まれているからではありません。人工歯根の代表的な材料であるチタンが骨と結合することで、顎の骨にしっかりと根付くことができるのです。ところがインプラントが骨と結合しないことで、インプラント手術が失敗してしまうことがあります。

骨粗しょう症などが原因でインプラントの周囲の骨密度が低いと結合しにくくなります。また、手術の際、ドリルの摩擦熱で骨がやけどを起こしたような状態になったり、術後にインプラントの周囲が細菌に感染してしまうと、インプラントと骨はうまく結合しません。特に、骨のやけどは手術中の適切なドリル操作や注水で防ぐことができることから、治療する側の技術力が求められるといえます。

6.糖尿病

インプラントが直接、糖尿病に影響を与えるという訳ではありませんが、糖尿病にはインプラント治療を難しくする要因があります。血糖値が高い状態が続いていると傷が治りにくくなるため、インプラント手術をおすすめできないのです。また、高血糖の状態では免疫系細胞の活動が低下するため、歯周病菌への感染リスクが高くなります。

逆をいえば、血糖値が安定すればインプラントの治療は可能なのです。そのため、糖尿病の患者さんがインプラント治療を受ける際は、かかりつけのお医者さんと歯科医師とで連携を図ることで、血糖値をしっかりとコントロールすれば、リスクはかなり低く抑えられます。

福岡県久留米市御井旗崎2-24-38パレクレール2F たかた歯科医院 TEL0942-45-6666
診療時間
10:00~13:30
15:00~20:00
15:00~17:00

【診療科目】虫歯治療・予防歯科・歯周病治療・矯正治療・小児歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・噛み合わせ治療

住所 福岡県久留米市御井旗崎2-24-38 パレクレール2F

TEL 0942-45-6666